営業マンはイケメンのほうが得なのか?

営業マンはイケメンのほうが得?

営業マンはイケメンのほうが得なのでしょうか。

 

 

お客様の立場からすれば

 

女性の場合、悪い気分にはなる人は少ないでしょう。

 

男性の場合、嫉妬心から逆に嫌うこともあるかと思いますが、それもほんと少数だと思われます。

 

見た目だけという比較であれば、

 

人は見た目が9割」と言われるように

 

不細工な営業マンより、

 

イケメン営業マンのほうがどう考えても得でしょう。

 

女性営業マンであれば

 

不細工な女性営業マンより

 

可愛い、もしくは綺麗な営業マンのほうがいいと

 

ほとんどの男性は答えると思います。

 

よく、トップセールスマンなどがテレビや雑誌で取り上げられたりしたとき、

 

大抵が容姿の整ったイケメンである場合が多いと感じます。

 

まあこれに関しては

 

カメラ映りがいいからという理由で、トップセールスマンのなかでもイケメンを探している可能性も高いですが、

 

社内や取引先など、ちょっと見渡してみると、やはり容姿が整ったイケメンのほうが全体的に見て営業成績が良いのではないでしょうか。

 

ただ、

 

イケメンだからというだけでお客様が選んでいるわけでは決してありません。

 

では、なぜイケメンのほうが成績が良いのか?

 

それは

 

イケメンの人は比較的、コミュニケーション能力に長けている人が多いからです。

 

それは育ってきた環境や友達なども関係してくる話になりますが、イケメンの人は小さい頃からイケメンである場合が多く、

 

やはり小さい頃からチヤホヤされたり

 

男でも女でも先輩でも後輩でもいろんな人と接する機会が絶対的に多いので、自然と、誰に対しても対等に話す能力を身に着けているのです。

 

それにプラスして、

 

イケメンは自分に自信を持っている人が多いので

 

営業マンとしての振る舞い方も堂々としていて、頼りになりそうに見えるのかもしれません。

 

逆に、

 

イケメンなんだけど営業成績が悪い人というのはよっぽど仕事ができない人の可能性が高いです。

 

イケメンというアドバンテージを活かせないという、第一印象はいいのに、それ以外の行動や言動がそれに伴わないとなると、

 

「イケメンなのに仕事ができない」

 

という普通の人が仕事ができない以上の酷いレッテルを貼られてしまうでしょう。

 

おそらく別の業界の営業マンになったとしても結局は営業成績は一緒だと思います。

 

 

そう考えてみると、

 

営業マンはイケメンのほうが得なのかという話においては、絶対的に得という訳ではないと言えますね。

 

イケメンだから、というハードルが上がってしまった分、仕事に対しての評価も厳しくなってくるのではないでしょうか。

 

 

あなたは、イケメンですか?

 

 

 

Sponsored Link