営業マンに英語は必要か?

営業マンに英語は必要か?

営業マンに英語は必要でしょうか。

 

 

もちろん会社や業種、担当部署などによっても変わってきますが、必要ではないという方がほとんどなのではないでしょうか。

 

英語は必要かどうかを論じているような状況では、おそらく急務で英語を必要としている営業マンではないのは明らかですね。

 

ただ、英語が必要な状況というのは、急にやってきます

 

例えば、新規の営業先の社長もしくは担当者が、日本語があまり上手ではない外国人の方だったらどうなるでしょうか。

 

こちらの商談時の提案も日本語ばかりでは通じない部分も絶対に出てくると思いますし、

 

新規の営業先であるがゆえに、競合となる会社も複数社入ってくるなかで他との差をつけられる部分といえば、金額や提案内容ではなく、英語も交えられるコミュニケーション能力になってきます。

 

もちろん英語だけできれば良いという話ではなく、提案内容がほぼ同じ内容の競合他社があった場合、お客さんはどちらを選ぶのかとしたら、やはり英語ができる担当営業のほうを選ぶのではないでしょうか。

 

私も営業マン時代、社内言語が英語の外資系の小さい会社に提案の機会をもらえたケースがあったのですが、結局競合他社にやられてしまったことがあります。

 

そこは担当者は英語が話せる日本人なのですが、社長は英語しか喋れないアメリカ人であったことから、社長に直に提案をする機会を一度ももらえませんでした。

 

他社にやられた理由として、もしその部分で差をつけられていたとしたら、英語さえできれば優位に立てたのにと悔しい思いが今でもこみ上げます。

 

こういったお客さんというのは、国内のみの営業職に就いていたとしたら稀なケースであるため、そんな難しいお客さん相手にする前に他の日本人相手の楽な営業先を探すことに労力を注ぐよ、という営業マンの方がほとんどでしょう。

 

ただ、そういった営業マンはごまんといるわけなので、なかなか他の営業マンとの差別化が難しくなってきます。

 

それは社外での他社との比較以上に、社内での同僚との比較において重要なことです。

 

同じ営業マンでも一つなにか強みがあれば社内の評価は高くなりますし、英語ができれば、例えば外資系の会社の案件があればあの人、というふうに指名されるようになります。

 

そうなると、案件自体を振られるケースが多くなるため、苦労して探客することも少なくなり、自然と営業成績も伴ってくるでしょう。

 

 

また、転職するということになれば、転職先として選べる企業もかなり多くなりますので、どんな営業マンにも英語は必要だと言い切れるのではないでしょうか。

 

 

Sponsored Link