保険営業マンのことなら

保険営業マンのサボり方

営業マンのサボり方として参考になるかわかりませんが,今から30年以上も前の話になりますが,私が保険の営業マンをやっていたことがあります。

 

そのときのサボり方のお話をしたいと思います。

 

保険の営業を経験された人ならだいたいおわかりかと思いますが,保険の営業をやるには外務員の資格が必要になります。

 

保険会社の営業マンの募集に応募して採用されると最初の1ヶ月は外務員の資格取得の研修となりますのでほとんどが座学研修となります。

 

そして,外務員登録に合格すると同行研修を行いますがほんの数日くらいです。

 

後は自分の知り合いを中心に営業に回りなさいといったやり方です。

 

そうなると当然,自分一人になります。ここからが自分の要領の見せ所とでもいいましょうか。

 

私の経験からいって保険の営業マンは朝から飛び込み訪問や友人や知人のところを必死に訪問する堅物のタイプと時間をうまく利用してうまくサボって時間を使うタイプに分けられるような気がします。

 

当然,私は後者の方でした。私は勤めていた会社の支店が閉鎖したので次の仕事を見つけるまでの腰掛けということで保険会社の営業マンの募集に応募したので最初から割り切っていましたし,

 

保険の営業マンは成績が悪ければ3ヶ月くらいでクビになることや固定給も3ヶ月しか保証しないということを分かっいてたので保険の勧誘よりも次の仕事を探すことに全力投球でした。

 

それに,保険会社の営業マンはスーツ着用ですので良い求人があればすぐに面接に行くことができます。

 

私はいつも履歴書を2通くらい用意していました。朝,朝礼が終わり事務所を出ると職安に向かうか面接に行くかがメインでした。

 

後は,市内の図書館で履歴書を書いたり求人を見つけると先方に電話したりしていました。予定がないときは本屋で立ち本か自動車の中で寝ていました。

 

良い意味で,なんとか努力のおかげで3ヶ月半で次の仕事をゲットすることができました。

 

最後に,営業マンは喫茶店やパチンコ店でサボっている人が多いと聞きますが私はおすすめしません。

 

計なカネを使うし,ギャンブル依存症になる危険があるので他の金のかからないサボリ方法を考えるべきです。

 

私としては,図書館での読書をおすすめします。

 

Sponsored Link