小心者の営業マンのサボり

小心者にはちょっと難しい「サボり」

私が一番多くやったのは、営業先に行くついでに個人の用事を終わらすパターンでの「サボり」すね。

 

例えば、営業訪問をした後で銀行によって個人的な送金や入金をしたり、役所に行って必要な書類を受け取ったり、そういうことはよくやりました。

 

ただし、行き先の方向が全く違うような場合は「誰かに見られると」という気持ちが出てくるため出来ませんでしたが。

 

また、お客様との打ち合わせの後でそのままお客様と喫茶店などへ移動して、仕事以外の話をするということも多かったです。

 

無駄話といえばムダ話なんですが、この場合はある意味お客様とのコミニュケーションとも言えるので「サボっている」というのとはちょっと違うかもしれませんが。

 

これと似たような状況で行くと喫茶店などで涼みながら漫画を読むというのも「サボり」の中に入るかもしれません。

 

一番多かったのは昼食などのあと、そのまま時間調整をする意味で喫茶店に居座りそのまま漫画や雑誌を読んでいたこともあります。

 

そこまで真面目な人間では無いのですが、周りの目が気になり「映画を観に行く」とか「営業車の中で昼寝をする」ということが苦手だったので私自身経験したことがあるのはこれくらいのことしかありません。

 

Sponsored Link