営業マンはどんな時計が好印象か?

営業マンはどんな時計が好印象か?

営業マンの必須アイテムと言っても過言ではない、時計。

 

時計を着けていない営業マンはその時点でマナー違反であり、人格を疑われます。

 

 

営業マンにとって時計は身だしなみのひとつなので、例えて言うなら、時計をつけない=ノーネクタイで営業に出る、みたいな感じになっちゃいます。

 

しかし、ただ時計を着けておけばいいってわけでもなく、100円ショップで売っているようなおもちゃ時計は絶対にやめておくべきです。

 

それは、商談中や打ち合わせ中など、何気に時計というのは相手に見られるもので、あまりにも簡素で安っぽい時計をしていたとすると、

 

「ちゃんとした時計も買えないほど売れない営業マンなんだな」と勝手に印象付けられてしまいます。

 

なので、それなりに良質で見栄えも良い時計を着けておくべきです。

 

 

どんな時計ブランドを選べばいいのか?

 

時計のブランドはとにかく多いです。国内、海外の時計メーカー、一流ブランドが手掛けるオシャレ時計、アパレルメーカーのブランドの時計など、もうとにかく星の数ほどあるような感じです。

 

でも営業マンがつける時計を選ぶとなると、一流ブランドやアパレルメーカーの時計というのはおススメできません。

 

オシャレばっか気にした上辺だけの営業マンという印象にとられてしまう可能性があるからです。

 

だから、時計専門のメーカーブランドで営業マンは時計を選ぶべきでしょう。

 

そのなかでもおススメなのが、「SEIKO」です。

 

 

 

 

ほとんどの方がご存知でしょう。

 

国内最大の時計メーカーで、その技術力の高さで今や日本だけではなく海外でも人気のブランドになりました。

 

SEIKOをおススメする理由は、

 

品質の良い時計専門ブランドであること、

 

国内メーカーであること、

 

価格がリーズナブルであること、

です。

 

 

時計専門ブランドであるので、品質がとにかく良いです。
営業マンは、雨の日、風の日、汗をかいた日、などいろんな状況下でも時計をするので、品質が良く丈夫な時計を選ぶべきです。

 

また国内メーカーなので、海外の時計を着けているよりも真面目な性格という印象をつけることができますし、SEIKOのデザインは落ち着いたものが多いのでより一層印象は良いです。

 

そして価格がとにかくリーズナブルです。1万円台から買えるものが揃っているので、お金のない若手営業マンでもお小遣い制の家庭持ちの営業マンでも、そこまで奮発することなく買うことができます。

 

時計と言えば、ロレックスだ、オメガだ、みたいな憧れはあると思いますが、営業マンは相手の印象というのもちゃんと考慮すべきです。

 

「商品やサービスを売り込んで稼いだお金で贅沢な時計を買っているんだな」と、変な印象をもつ人もいるかもしれませんからね。

 

 

Sponsored Link