営業マンがサボるのは当たり前

営業マンのサボり癖はしょうがない

営業マンなら、

 

全員がサボった経験があると思います。

 

誰にも監視されずに

 

外で自由に行動できるんですから、

 

クソ真面目に働く必要もないですからね。

 

あと営業マンって、

 

みなし残業というのが勝手に当てはめられて

 

いくら定時前の朝8時にアポがあろうが、

 

夜9時にアポがあろうが、

 

残業代は一切出ない会社が多いはずです。

 

 

 

 

そういうところに目が行くようになると

 

どうしても

 

サボり癖はついてしまいますよね。

 

朝8時のアポのために

 

いつもより早起きして現場に向かっても、

 

帰る時間は一緒ですし、

 

夜9時からのアポで商談があって

 

終電間際で帰ろうとも、

 

翌朝は通常時間通り出社ですからね。

 

 

どこかで休みや息抜きがないと

 

とてもじゃないけど

 

営業マンなんてやってられない。

 

 

私の場合は、

 

ほぼ毎日飛び込み営業をしていたので

 

とにかく眠気との戦いでした。

 

一番よくやっていたサボり方が、

 

山手線一周です。

 

山手線って一周、約1時間で、

 

ちょうどいい昼寝の時間設定ですし、

 

電車のなかって寝てる人が多いので

 

カモフラージュになって

 

サボってる風に見られない!

 

しかもお金をかけずに

 

昼寝が堂々とできるので

 

眠いときはいつも山手線に飛び乗っていました。。

 

 

これを

 

サボりと言われればサボりだけど、

 

休憩といえば休憩、と

 

罪悪感なくやっていた私は

 

間違いなくサボり癖がついていました。

 

 

 

 

 

ただその昼寝効果もあって、

 

その後に商談があるときなんかは

 

かなり頭が冴えて、

 

成約率がかなり高かったですね。

 

 

トップセールスマンは上手にサボる

 

というのは、

 

こういうことかもしれません。

 

 

人気記事紹介

 

営業マンが始めるべき5万円以上稼げる副業

 

 

Sponsored Link